会社情報
会社概要
バイヤーズウエイ
代表者プロフィール
事業概要
メディア掲載情報
プレス&ニュース
バイヤーズ企画室
製品情報
泡工房シリーズ
UVカットエコ98シリーズ
ラッキーホヌシール
生まれ年の五円玉
龍馬の魂
おふろ用ふれあいシートシリーズ
すごいお茶シリーズ
協力団体
チームともだち
社会貢献
支援団体
骨髄バンク
あしなが育英会
お問い合わせ

バイヤーズ株式会社

カスタマーサポート
9:00〜17:00 
休日 土日祭日定休
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-22-7 9F
tel:03-5778-4875
fax:03-5778-4956

ホーム > バイヤーズウェイ(Buyer's Way)

バイヤーズウェイ(Buyer's Way)

企画や流通活動を通じて、人々の心を豊かにし、笑顔あふれる社会づくりに寄与する事

バイヤーズは2008年に「笑顔づくりの専門メーカー」として生まれ変わりました。
代表の登内は「笑顔こそ、元気の源」と考えており、原油高騰による物価上昇や年金、少子化、外交、いじめ、自殺などの様々な社会問題による生活者の精神的苦痛・疲労を解決する糸口は「とにもかくにも、まず笑顔を持って生きる事」と考えているのです。
よって、バイヤーズが企画する商品やイベントは、すべて人々の笑顔に繋がるものを意識しております。

■バイヤーズの誕生日がメーデー(5月1日)の理由

バイヤーズの誕生日は5月1日のメーデーです。メーデーは労働者の日と言われていますが、1886年5月1日にアメリカのアメリカ労働総同盟が8時間労働制を要求するため統一ストライキを行ったことが起源です。ちなみに当時の労働時間は12時間〜14時間が当たり前の時代でしたので、自分の時間はもちろん睡眠時間すらままならない状況でした。
「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために」を目標に実施されたようです。
私も社会に出てから多くの会社に関わってきましたが、労働者(契約社員、アルバイト、パート含む)を「人として尊重し」、「人として豊かにする」ことを後回しにし、「会社の利益のため」が優先されるような会社がほとんどでした。
確かに会社は利益を出さねば生き残っていけません。しかしそこに働いているのは「心」を持った人です。ロボットでも自動販売機でもありません。ある会社ではあまりにも社員の扱いがひどかったため、中間管理者だった私は自分のため、そして部下の生活ために経営陣と戦いました。地域の労政事務所にもかけこんだこともありました。しかし結局は負けてしまいました。悔しかったですね。なんて理不尽な社会であり、国なんだろうと失望しました。ちなみにその会社はその数年後、倒産しましたが、当然だと思います。
そんな経験から、「労働者が活き活き元気に楽しく働ける環境をつくりたい」と思い、また、自分自身がその時の悔しさを忘れないようにと思い、バイヤーズという箱(環境)をメーデーにつくったのです。
しかし、いざ箱を運営する側に回ると、労働者には言えない、労働者には見えない、様々な苦労があるものだと実感しています。
どちらも人間ですから、「労使双方が互いを理解し、尊重しあう日」なんて日ができたらいいのにと勝手に思っています。


 |ホームプライバシーポリシー

バイヤーズ株式会社
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-22-7  9:00〜17:00 日祭日定休
  tel:03-5778-4875 fax:03-5778-4956  

※当サイトの全てのテキスト、画像等の無断使用、転載、転用は、固くお断りいたします。
Copyright (c) Buyers,Inc. All rights reserved.